坐骨神経痛と腰痛の関係

腰痛の種類と痛み。

腰痛と言っても様々な種類があります。

疲れたビジネスマン

筋肉の痛みからくる腰痛もあれば、骨の痛みからくる腰痛もあります。

そして神経からくる腰痛も当然あります。

これらは何が違うのか、区別できないと思ってしまうかもしれませんが、非常に簡単に言ってしまうと、筋肉からくる痛みというのは、筋肉痛の一種と言えるでしょう。

筋肉を使い過ぎることで、痛みが出てきます。

骨の痛みからくる腰痛というのは、骨の変形などによって腰の痛みが出てくることを意味します。(骨の変形が神経に影響を与え、神経からくる痛みになる可能性も大いにあります)

坐骨神経が、足の多くの機能を支配!

腰に関しての、神経の痛みというのは、何かしらの原因で、神経を圧迫したり、刺激をしたりすることで、出てくる、痛みであり、坐骨神経痛がその代表例であると言えるでしょう。

坐骨神経痛になっていくと、痛みのほかにしびれなどが特徴的であり、「腰」の症状というよりも、臀部から、大腿にかけて痛みが走っていくことも多いです。

なぜこのような痛みになるのかというと、坐骨神経痛の名前のもとになっている「坐骨神経」というのが大きく影響しています。

坐骨神経というのは非常に太い神経であり、足の多くの機能を支配していることになります。

感覚であったり、運動機能であったり…坐骨神経が無くなってしまえば、人の足はまともに機能しなくなってしまうと言っても良いくらい影響力を持っています。

坐骨神経痛から、歩行困難になる可能性も?

坐骨神経痛になると、この神経が圧迫されることによって、坐骨神経が支配している部分に痛みや痺れが出てきます。(臀部や、大腿、そしてふくらはぎや足先など)

痺れなどであればまだ、軽い症状になるのですが、痺れが大きくなり、痛みが出てきたりすると、坐骨神経痛として本格的な治療が必要になります。

また神経が圧迫、刺激されていることが原因となるため、あまりに症状が強くなると、神経の機能性が著しく下がり、運動に悪影響が出てしまうこともあります。

簡単に言ってしまうと、歩行が困難になってしまうということです。

坐骨神経痛は腰痛として考えられがちですが、足全体の症状、問題であり、必ずしも腰痛という形で症状が出てくるわけではありません。

坐骨神経痛において、腰痛だと感じているものが、実は臀部の痛みであることは珍しくはないのです。

姿勢の悪さや、身体的機能の低下など原因は、個人によって違ってきますが、比較的身近な症状であると言えるでしょう。

年齢問わず注意を必要とします。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ