坐骨神経痛と腰痛の関係

腰痛の種類と痛み。

腰痛と言っても様々な種類があります。

疲れたビジネスマン

筋肉の痛みからくる腰痛もあれば、骨の痛みからくる腰痛もあります。

そして神経からくる腰痛も当然あります。

これらは何が違うのか、区別できないと思ってしまうかもしれませんが、非常に簡単に言ってしまうと、筋肉からくる痛みというのは、筋肉痛の一種と言えるでしょう。

筋肉を使い過ぎることで、痛みが出てきます。

骨の痛みからくる腰痛というのは、骨の変形などによって腰の痛みが出てくることを意味します。(骨の変形が神経に影響を与え、神経からくる痛みになる可能性も大いにあります)

坐骨神経が、足の多くの機能を支配!

腰に関しての、神経の痛みというのは、何かしらの原因で、神経を圧迫したり、刺激をしたりすることで、出てくる、痛みであり、坐骨神経痛がその代表例であると言えるでしょう。

坐骨神経痛になっていくと、痛みのほかにしびれなどが特徴的であり、「腰」の症状というよりも、臀部から、大腿にかけて痛みが走っていくことも多いです。

なぜこのような痛みになるのかというと、坐骨神経痛の名前のもとになっている「坐骨神経」というのが大きく影響しています。

坐骨神経というのは非常に太い神経であり、足の多くの機能を支配していることになります。

感覚であったり、運動機能であったり…坐骨神経が無くなってしまえば、人の足はまともに機能しなくなってしまうと言っても良いくらい影響力を持っています。

☆PR☆お勧め治療院☆ 坐骨神経痛治療のことなら鹿児島 整体の長生治療院へ!

坐骨神経痛から、歩行困難になる可能性も?

坐骨神経痛になると、この神経が圧迫されることによって、坐骨神経が支配している部分に痛みや痺れが出てきます。(臀部や、大腿、そしてふくらはぎや足先など)

痺れなどであればまだ、軽い症状になるのですが、痺れが大きくなり、痛みが出てきたりすると、坐骨神経痛として本格的な治療が必要になります。

また神経が圧迫、刺激されていることが原因となるため、あまりに症状が強くなると、神経の機能性が著しく下がり、運動に悪影響が出てしまうこともあります。

簡単に言ってしまうと、歩行が困難になってしまうということです。

坐骨神経痛は腰痛として考えられがちですが、足全体の症状、問題であり、必ずしも腰痛という形で症状が出てくるわけではありません。

坐骨神経痛において、腰痛だと感じているものが、実は臀部の痛みであることは珍しくはないのです。

姿勢の悪さや、身体的機能の低下など原因は、個人によって違ってきますが、比較的身近な症状であると言えるでしょう。

年齢問わず注意を必要とします。

坐骨神経痛治療の勧め

ひとえに治療院といっても、様々なものがあります。まずはじめに、腰痛の種類や念のため検査のために病院へ行きましょう。坐骨神経痛は病院では痛み止めや湿布などしか配布されずなかなか改善しにくいものです。

そこで特にお勧めなのが整体・マッサージ・整骨院です。(整骨院では保険外治療の場合もありますが、一般の治療院より良心的な価格であるケースが多いです)

中でも私が気にいっているのは札幌市 整体のあさひ総合治療センターである。先生の愛想が良く説明も良い。腕も確かだ。運動療法も合わせて受けられるところがなお良い。

しかし、北海道となるとたいがいの人は遠く行きにくいであろう。都内でお探しならば恵比寿 マッサージのボディプラスが良いという友人の勧めである。

どちらにせよ、人により合う治療法は異なるものなので、ホームページをよく読み、問い合わせてみるなどし、自分にマッチしたところを見つけることが、改善への最短ルートであると言えるでしょう。

免責事項(めんせきじこう)

本サイトは、坐骨神経痛及び坐骨神経痛治療に悩む方々への情報提供およびそれらの症状で悩む方の助けになりたいと願う医療機関をつなぐサービスを主目的としております。治療に関するご相談は受け付けておりません。医師・治療家等、後遺症における専門家にご相談下さい。自己判断はせず、必ず、医師・専門家の指示を仰いで下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ